殺人・死体遺棄事件の控訴審において,原審の懲役9年を破棄し懲役5年の減刑を獲得|控訴 弁護士サイト

解決実績 解決実績

殺人・死体遺棄事件の控訴審において,原審の懲役9年を破棄し懲役5年の減刑を獲得

事件の概要

 被告人が内縁の夫から過酷なDV被害に遭い,身を守るために実の息子と共謀して就寝中の内縁の夫を刺殺,その死体を遺棄した事件で,控訴審を依頼。

弁護方針

 控訴審から当事務所が担当し,当時の被害状況等を調査し,原審判決が正当であるかを問題視した。

結果

 第1審判決が懲役9年であったところ,札幌高等裁判所(控訴審)で原判決破棄,懲役5年を獲得した。
 ※この事件については,TBS報道特集「暴力男性を殺害・母と息子の殺意の裏に」(2007年6月17日放映)として全国放映され,弁護士中村勉が主任弁護人としてコメントを述べています。


「刑事事件」に関する控訴・上告コラム

控訴Q&A

控訴Q&A Q.控訴申立ては誰ができるか。控訴審からの弁護人ができるか  控訴の申立権者は以下の通りです。 ①検察官・被告人(351条1項) ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績