強制性交等(旧強姦)未遂事件の控訴審にて,示談を成立させると同時に,一審の実刑判決を覆し執行猶予判 ...|控訴 弁護士サイト

解決実績 解決実績

強制性交等(旧強姦)未遂事件の控訴審にて,示談を成立させると同時に,一審の実刑判決を覆し執行猶予判決を獲得

事件の概要

 被告人男性が忘れ物を取りにジムに戻った女性を襲い,無理矢理衣服を脱がして強制性交等(旧強姦)しようとして未遂に終わった強制性交等(旧強姦)未遂事件で,第1審では,若い弁護士が担当していたが,被害者の同意があったと無罪を争ったため,示談もできず,結局,懲役2年4月の実刑判決となり,当事務所へ控訴審を依頼。

弁護方針

 控訴審から当事務所が担当し,無罪を争うのが証拠上困難との分析を行って認める方向に弁護方針を転換,粘り強い示談交渉も行った。

結果

 交渉の結果示談を成立させ,控訴審では執行猶予判決となって,実刑判決を回避することができた。


「刑事事件」に関する控訴・上告コラム

控訴の要件

控訴の要件(控訴理由)  控訴は原判決の誤りに対する不服申立手続ですから,原判決に誤りがあること,すなわち控訴理由を主張しなければなりません。どのよ ...

控訴Q&A

控訴Q&A Q.控訴申立ては誰ができるか。控訴審からの弁護人ができるか  控訴の申立権者は以下の通りです。 ①検察官・被告人(351条1項) ...

「刑事事件」に関するご依頼者様の「感謝の声」

「刑事事件」に関する解決実績